【持久力アップ】登山の飲み物にアミノ酸「EAA」がオススメ

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
登山ノウハウ

ドラッグストアでは多くのアミノ酸製品が販売されていて、手軽に入手できます。

「登山で筋肉痛がひどい」という話をしたときに、ジムに通う友人からオススメされた「EAA」というアミノ酸製品。半信半疑でしたが登山中に飲み物に混ぜて飲んでみると、驚くほど疲労が軽減され長く歩けるようになりました。

この記事では、登山の飲み物としてオススメの「EAA」というアミノ酸製品を紹介します。

この記事でわかること
  • 登山でアミノ酸をオススメする理由
  • BCAAとEAAの違い
  • 私たちがおすすめするEAA製品
スポンサーリンク
スポンサーリンク

登山でアミノ酸を飲むことによる効果

筋肉や皮膚など私たちの身体をつくっているタンパク質は、アミノ酸によって構成されています。

登山のような長時間運動では、筋肉のタンパク質がアミノ酸に分解されてエネルギーとして利用されることが疲労の原因となります。

アミノ酸を摂取しておくことで、血液中のアミノ酸がエネルギーとして利用されるため、筋疲労を抑えることができます。また、アミノ酸は筋修復作用があり、疲労回復や筋肉痛予防にも効果があります。

タンパク質の豊富な魚や肉などを食べても、アミノ酸に分解されるまでは時間がかかります。

手軽に摂取できて吸収が早いアミノ酸を取り入れることで、登山パフォーマンスの向上に寄与できます。

EAAとBCAAの違い

引用:BCAAとは?|アミノ酸 BCAA・EAAを学ぶ|フォーデイズ

体内のアミノ酸は20種類あり、そのうち9種類の「必須アミノ酸」を「EAA」と呼びます。
必須アミノ酸は体内で生成できないため、食事やサプリメントで補う必要があります。

必須アミノ酸のうち、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つがBCAAです。
筋タンパク質の必須アミノ酸のうち約35%を占めていて、筋肉への効果が大きいアミノ酸です。

日頃から意識的にタンパク質をとっている場合や食事後で必須アミノ酸が体内にある場合はBCAAで筋力増強効果が得られますが、体内の必須アミノ酸が不足している場合は、EAAでバランスよく必須アミノ酸を取り入れる方が効果的です。

EAAをおすすめする理由

必須アミノ酸をバランス良く摂取できる

EAAは必須アミノ酸をバランスよく摂取できます。

筋トレなど負荷の高いトレーニングが趣味で、意識的に高タンパク質の食事をしている場合を除いて、日本人はタンパク質が不足していると言われています。

特に登山での食事はアルファ米や麺類など炭水化物が多く、タンパク質(分解されたあとのアミノ酸)が不足しやすくなります。

もちろんEAAを飲んでいれば十分というわけではなく、食事でもタンパク質を含んだ肉や魚などをバランスよく食べることが重要です。

アミノ酸スティックに比べて安い

ドラッグストア等で入手できるアミノ酸スティックより安価です。

私たちが購入しているEAAとアミノ酸スティックを比較してみます。

EAAアミノ酸スティック
製品名ハルクファクターEAA(510g)アミノバイタルⓇプロ(60本入)
価格¥3,980¥7,400
1食あたりの量9.6g4.4g
1食あたりのアミノ酸量7.6g3.8g
アミノ酸1gあたりの価格約¥10約¥32
EAAとアミノ酸スティックの比較(価格はAmazon参考)

アミノ酸量1グラムあたりの価格はハルクファクターEAAが圧倒的に安いです。

アミノバイタルは個包装なので、飲料に溶かさない場合や日帰り登山で1~2本のみ使用する場合に使いやすいです。ビタミンが含まれているため、アミノ酸以外の栄養素も摂取できます。

単純に価格で比較するとハルクファクターEAAが安価ですが、用途に応じて選ぶのがオススメです。

created by Rinker
¥8,310(2023/12/05 20:48:34時点 楽天市場調べ-詳細)

粉末タイプはゼリータイプより軽い

アミノ酸飲料はゼリータイプもありますが、ゼリータイプより粉末タイプの方が荷物を軽量化できます。

粉末タイプは水に溶かして飲めるので、行動中に少しずつ摂取します。

ゼリータイプの良いところは、水がなくても飲めることとカロリーが一緒に摂取できる製品があることです。水に溶かさず手早く飲むことができ、喉を通りやすいのもメリットです。

私たちは登山開始前にゼリータイプのアミノ酸、行動中はEAAと使い分けています。

EAAの注意点

  • 製品の摂取容量を守る
  • 一度に大量に飲まない

EAAに限らず、過剰摂取は身体への影響がある可能性があります。

EAAの場合は、代謝するために腎臓や肝臓へ負荷がかかると言われているため、製品の摂取目安を守りましょう。

一気に飲むと下痢を起こす可能性があるので、必要量を水に溶かして、ゆっくり飲むようにしてください。

私たちが飲んでいるEAA製品

私たちはハルクファクター(HULX-FACTOR)というメーカーのEAAを飲んでいます。

510gで大容量のため、ジップロックに必要な分のみ計量して持っていき、少しずつ飲み物に溶かしています。

アミノ酸には独特の苦みがあり美味しくないと言われていますが、ハルクファクターのEAAは「白ぶどう」「グリーンアップル」「グレープフルーツ」の3種類の味があり、苦みを軽減してくれます。

グレープフルーツはスポーツドリンクのようで飲みやすいです。

登山では難しいですが、冷えている方が苦みを感じにくく、美味しく飲めるんですよね~。

ハルクファクターのEAAに含まれるのは、必須アミノ酸 9種類のうち8種類です。
集中力を邪魔するといわれている「トリプトファン」が除去されていて、運動に特化した商品になっています。

登山中の飲み物として摂取する場合、塩分が含まれていないため、脱水に注意です。
私たちは塩分補給タブレットを併用しています。味が合えば、スポーツドリンクに混ぜることもできます。

まとめ

私たちが登山で飲んでいるEAAというアミノ酸製品を紹介しました。

BCAAが3種類の必須アミノ酸を含むのに対し、EAAは9種類の必須アミノ酸を含みます。

長時間の運動である登山では、筋肉のタンパク質が分解されやすく、ドライフードを中心とした山行ではタンパク質が不足しがちです。
EAAでバランス良く必須アミノ酸をとることで、疲労軽減や筋肉痛予防の効果が期待できます。

これまでゼリータイプのアミノ酸を飲んでいて重さが気になっていた方、スティックタイプのアミノ酸で値段が気になっていた方は、大容量で購入できるEAAを検討してみてください。

みなさんが疲労を軽減し、もっと楽しく安全に山に登れる一助になれば嬉しいです。

コメント